お知らせ
新着商品
おすすめ
生地を探す 素材で選ぶ 種類で選ぶ 柄で選ぶ ブランドで選ぶ インポートから選ぶ 小物を探す 小物全商品 ファスナー 手芸道具 持ち手・ハンドル 口金 ボタン 洋裁手芸付属品 バッグ材料 テープ・ロープ 接着芯 キッズ用品 インテリア・その他
寸法図
店舗ホームページ
スワネット
サンプル
ワンデイ即売会
メルマガ会員募集
ニットソーイング
フリーペーパー



ベント
メイソン
ウォッシュ帆布
モアレ
フリーマーケットリネン
リネンSofi
Lucy

2018年 08月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
定休日
輸入ファブリック限定 メール便送料無料キャンペーン&オンラインマルシェ 3DAYS
OUTLET Festival〜August〜
夏季休業
夏季休業前、発送可能ご注文日最終受付
2018年 09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
オンラインマルシェ
OUTLET Festival〜September〜
輸入ファブリック限定 メール便送料無料キャンペーン
 
顔料染めトップ

顔料染め・インディゴ染め製品の特徴

顔料染めは、バインダー(のり)と混ぜ合わせ、顔料自体には繊維への定着性が乏しいので、「顔料で染める」というよりは、バインダーで混ぜた顔料を「素材に付着させる」というイメージがピッタリくるかもしれません。

顔料は染料と違い繊維の中までは浸透せず、繊維表面にバインダーで付着している状態です。
その為、顔料染めの製品は摩擦や洗濯などによって「色落ち」が起こります。
この「色落ち」が起こることによって、顔料染めの製品は経年変化を楽しめる一品となります。

●洗い込むほどにアタリが発生し、数シーズンが過ぎると、 世界に二つとない自分だけのフェード感を持った一着が完成します。

●「古着」や「ビンテージ」が持っている希少性のあるユーズド感を、比較的手軽に実現することができるのが、顔料染めの大きな魅力になっています。

顔料染め・インディゴ染め製品のお取扱いで
ご注意いただきたいこと

インディゴ染め製品と顔料染め製品はともに、摩擦・洗濯などにより色落ちする特性があります。
特に濃い色は色落ちしやすいといわれています。
最初は色落ちしますが、数回洗濯し、使用していくと、色落ちが少なくなってきます。
ご購入されましたら、一度お洗濯してからご使用いただくことをお勧めします。

顔料染め注意1

ご使用中にバッグとお洋服の摩擦によって、色が移ることがございます。
淡色・白っぽい色のものと一緒にお使いになるときはご注意ください。
汗をかいたり、雨にぬれたりすることで、色落ちすることがあります。

顔料染め注意2

色落ちしますので、単独でお洗濯されることをお勧めします。

摩擦によって擦れた部分が白くなることがありますので、裏返してお洗濯することをお勧めします。
また、もみ洗いは避けるようにしてください。